Googleアナリティクス入門Vol.04「一番最初にどのページに入ってきたかを見る」

さて、今回のお題は・・・

「一番最初にどのページに入ってきたかを見る」

です。

あなたのサイトをお客様が一番最初にみたページ、入り口になったページを「ランディングページ」といいます。

ランディングページを知ることはなぜ大切なのかというと

ランディングページでサイト全体の印象が決まってしまうからです。

ランディングページの直帰率が高いと、そのランディングページの印象が悪かった、あるいは興味をひくものではなかったという場合もあります。(直帰率については、こちらのバックナンバーを参照ください。)

流入の多いランディングページを特定すれば、そのページをもっと魅力的にすることで、他のページへの遷移をうながしたり、電話予約、Web予約、Line予約などのアクションをうながし「サイトが集客する装置」としてよりベストなカスタムを考えるための資料になります。

▶ランディングページの確認をしましょう

アナリティクス講座4-1

左側メニュー「行動→サイトコンテンツ→ランディングページ」の順にクリックしましょう。そうしますと、折れ線グラフの下に一覧表が表示されます。

この中でまず、注目してみていただきたい列は「セッション」と「直帰率」です。

セッションという列では、どれだけの訪問数で最初のページとして開かれたかを見ることができます。

例えば、表示期間を1ヶ月にしていて、ランディングページが「/」でセッションが80とあると、「1ヶ月のうちに、最初に表示されたページがトップページだった訪問数が80件あった。」という意味になります。

トップページは必然的にランディングページとなることが多いので上位に表示されます。

トップページ以外にもランディングページの上位に来ているページのコンテンツを充実させるなら、集客に結びつくかもしれませんので、チェックするようにしましょう。

次に見ていただきたいのは直帰率です。

例えば、ランディングページが「/」で、直帰率が90%と表示されている場合は、

「80件のうちの72件はトップページを見ただけで帰ってしまった。」

ということが分かります。

内容が充実していて、そのページだけで事足りた場合なども考えられますので、直帰率が高いだけで悪いページとは言い切れませんが、なんらかのアクションを取らずに離脱しているケースが多いのであれば、コンテンツを見直す必要があるのかもしれません。

では、ランディングページから次はどこのページに移動したのかを見たい場合はどうしたらいいのでしょうか。

アナリティクス講座4-2

上の方の「すべてのユーザー」と書いてあるすぐ下に「エクスプローラ」と「入り口からの遷移」というタブがあります。

「入り口からの遷移」タブをクリックしましょう。

そうすると

折れ線グラフの下に「ランディングページ:/」とあります。

その下に「2ページ目」の一覧が表示されていますね。

この表示では、ランディングページが「トップページ」だった場合に、次にどのページにどれだけ遷移したのかを確認できます。

「ランディングページ:/」の横の下向き▼をクリックすると上位10位のランディングページが表示され、調べたいページをクリックするとそのページの「2ページ目」の一覧を表示させることができます。

なかなか文章だけの説明では難しいところがあるかと思いますが、解析の一助になれば幸いです。

続きVol.05はコチラ! → 「特定のページの前後の動きを知る」

ポータルズではGoogleアナリティクス入門の動画を配信しております!

言葉の説明よりも理解していただけやすいですので、この機会に是非ご覧になり参考になさってみてください。

▼▼Googleアナリティクス入門動画▼▼

チャンネル登録はこちら

------------------------------------------

※今回の記事は2020年5月に弊社メルマガで配信した内容を転載しています。
弊社メルマガは日々進化する治療院業界の時流を読んだ有益な情報、解析ツールのレクチャ-やセミナーのご案内等々「治療院」と「広告」を育てるヒントになるように想いを込めて平日は毎日お届け!

◆過去のバックナンバーは こちら

◆メルマガ登録は こちら

◆メルマガの詳しい内容は こちら

◆HPは こちら

------------------------------------------

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る