整骨院専門HP制作会社 代表による【治療院の名称問題 2019】

みなさん、こんにちは!
ポータルズ宮内です

2018年8月Googleアップデートで
治療院業界を取り巻く「キーワード事情」が大きく変化しました。
これまでOKだった対策がNGになってきています。

そこで治療院の「名称問題」についてお話しします。
看板をつけて開業しているのに
「いまさら名前なんて変えられるはずがない」
と思われるかもしれませんけど^^;重要なことなのでご一読ください。

整骨院か整体院か

2018年8月のGoogleアップデートでダメになったのは
「●●整骨院・整体院」というタイトルにしていたケース

つまり実際は整骨院なんだけれど
自費治療を強化するために「整体院」を名乗っているケースですね。

これは整骨院・整体院「両方を名乗る」というのがNGになっています。

整骨院でいくか、整体院でいくか選ばなくてはいけないということですね。
Googleは画像も読んでいますので、
これまでのように画像に両方の名前をかいて裏タグはどっちかだけ・・・というのもNGです。
さらに

鍼灸院か整骨院か

「●●鍼灸整骨院」という名前、これは非常に上位にあげにくくなっています。
「鍼灸院」か「整骨院」か。どちらかしかあがらない。

「柔整」の免許をもち、さらに「はりきゅう」の免許を取得されると
「鍼灸整骨院」と名前を付ける方が多いようですが、
この「●●鍼灸接骨院(整骨院)」という名前、
検索エンジン的によくないだけでなく厚生局からも嫌われます。

なぜかというと、急性症状の接骨(柔整)と慢性症状をみる鍼灸(あはき)混在すると
不正請求の温床になるかららしいです。
※参考URL

自治体によっては名乗れない地域もあるほどです。
これから名前をつける方は考えた方がいいですね。

 

自費治療に移行しているのであれば整体院のほうがよい

柔整師のみなさんは国家資格を取得して開業されているので、
とうぜん接骨院(整骨院)と名乗っていきたいと思います。

「整体なんて無資格だし」と思っている方も少なからずいらっしゃるでしょう。

しかーし!
これからは「整体院」を名乗っていった方が検索エンジン対策上は
有利でしょうねぇ

 

なぜなら

  1. 整骨院として表現できることが少なくなってきた(禁止ワード・禁止表現の増加)
  2. 接骨院(整骨院)なら健康保険の金額や取扱についてかかれているほうが上位表示しやすい
  3. そもそも整体のほうが検索数が多い

2018年8月のアップデートで
弊社でもっているサイトの中でも「整体院」は比較的順位を維持しているケースが多かったのですが
整骨院は「整骨院」としてあげようとしているトップページが
ペナルティをくらうケースがほとんどでした。

一般の患者さんの立場で考えれば、整骨院と整体院の違いってほんとにわかってないんですよね。
「整骨院」「接骨院」って骨がついているので、骨をどうにかするイメージが強いようで
保険が使えるかどうかも知らなかったという人がほとんどです。

腰が痛い、肩があがらない・・・そういう人は
「整体」で探している人が多いのです。

ホームページで「整体」で集客していったとして
保険患者さんはわざわざネット集客しなくても・・・くるでしょ?

だから「集客」を考えるなら「整体」でいいんです。

まとめ

整骨院か整体院かどちらかに絞る。
鍼灸院か整骨院かどちらかに絞る。
自費移行がすすんでいるのなら整体院のほうがメリットが大きい!

関連記事